ファンタジーと馬とアレとアレ

制作活動ブログの皮を被った趣味ブログです。

ファンタジー武器と言語

現在、次回武器解説の原稿を製作中です。

進捗度としては50%ぐらいでしょうか…

この3連休でなんとか仕上げたいなー

んで今月中に公開したいなー

 

しかしながら今回もぶつかりまくってます。

「言語の壁」

過去にもあらゆる言語の壁にぶつかっては砕け、

それでもなんとかよじ登って動画にしてきました。

 

そんな私が個人的に苦戦した言語について

今回はランキング形式で発表したいと思いますw

 

 

第6位 英語

 

一番頻繁に相対する言語ですね。

まあ英語についてはグーグル翻訳さんが

ちゃんと仕事してくれがちなので、

そんなに苦戦することはありません。

 

あとやっぱり世界言語的な位置づけでもあるので、

英語に翻訳されている資料って結構多いんです。

特に3位以降に挙げた言語と相対した際、

まずは英語翻訳版が無いかどうかを探します。

英語版が有れば一安心、無ければ…

まあなんとかしてますw

 

 

第5位 ドイツ語

 

これも意外とグーグル翻訳さんが仕事してくれるんですよね。

まあ読めって言われたらお手上げですけど…

翻訳するだけならそんなに苦労した記憶はないです。

 

もっとも、ドイツ語と相対した機会はそんなに多くないので、

もしかしたらたまたま簡単な部分しか見てないだけ

なのかもしれませんが…

 

 

第4位 日本語

 

直近動画で参照したコチラの資料見てみてください。

…なにやらすごい難解じゃないですか?

下手に読める分、推測しにくい気がするんですよ。

 

あと防具編第一回のアイギスで参照したコチラ

ホーマー Homer 土井晩翠訳 イーリアス ILIAS

とりあえず読めなくは無いですよね?

でも意味を理解するの難しくないですか??

 

そして当たり前のことなんですが、

もうココから翻訳のし様がないんですよ。

だから他の資料を参照しつつ、ゆっくり噛み砕いて

なんとか意味を理解していくしか無い。

だから下手すると英語より理解に時間がかかるんです…

 

 

第3位 中国語

 

中国語はグーグル先生があんまり仕事してくれないんです…

でも漢字なので、字さえ読めればなんとなーく

意味を推測することは可能です。

 

例えば武器編19回の村雨解説で参照したコチラの資料

《宝剑》_欧阳修的诗词_诗词名句网

まあ殆ど何書いてるかサッパリ解りませんが

最初の1文目なんとなく意味解りません?

 

ただもう読めない漢字でてくると全然分からん。

しかもリンク先みたいな韻文形式で書いてあると

グーグル先生もお手上げ状態…

 

 

第2位 ラテン語

 

英語っぽいけど、蓋開けてみると全然違いますよね…

しかもグーグル先生が結構仕事してくれない…

なまじ英語っぽいだけに

イメージに引っ張られそうにもなりますし…

 

しかもラテン語は相対する機会が多いこと多いこと…

幸いなことに英訳化されている資料が

結構多いので何とかなっていますが…

 

 

第1位 ギリシヤ語

 

もうさっぱり解らん。先ず読めん。

読むためのヒントも無い。

頼みのグーグル先生もお手上げ状態。

 

コレと最初にブチ当たったのが

アイテム編第4回のオリハルコン

題材が有名なだけあって他の言語の資料で

補完出来たとはいえ…

ギリシア語の資料だけだったらあの動画

途中で投げ出してたかもしれないです…

 

 

とまあランキングはこんな感じにしましたw

しかしまだ相対してない言語もあるからなぁ…

 

不安なのが「フランス語」

シャルルマーニュ伝説でまだ未解説なのがあって、

まあローランの歌は英語訳有ったんでセーフでしたが、

他の武器解説するならどうかな…

 

あとジャンヌダルクが持ってたらしい

「フィエルボアの剣」

解説する機会あるか解らないけど、もし解説するなら

フランス語との対面は避けれないでしょうね…

 

まあなんとか今までやれてるので、

今後もどうにかなるでしょうw

 

 

                       

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

宜しければクリックお願い致します!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓