ファンタジーと馬とアレとアレ

制作活動ブログの皮を被った趣味ブログです。

朝からイラついてしまった話

私には朝起きたらすぐTwitterを開いてしまう

という悪癖があるんですが…w

いやー今日は朝からイラッとする

ツイートを見てしまいましてねぇ…

コレは本人に直接は無理だが一言物申したい

と思った次第なのです。

 

という訳で本日の記事は

全編通して殆ど愚痴です。

タダの私のイライラ発散記事です。

閲覧注意でお願いします。

…あと私の捻くれも爆発しているので

その点でも閲覧注意でお願いしますw

 

 

件のツイートをした方とは一応相互なんですが、

たまにコチラからいいねを送るぐらいで

殆ど絡みはありませんでした。

むしろ普段から

「なんでそんな事言うんだろう…」

と思ってしまうツイートが散見されていた

トコロに今回のツイートでイライラ爆発。

…というか詳細は後述するんですが、

ついでにツイッター社には不満爆発。

 

という事で先ずは件のツイートがコチラ。

f:id:regular_ch:20200821110214p:plain

こんなんでイラッとするなよww

って思う人もいるでしょうけど

まずはちょっと聞いて下さい…

 

コレを読んで各々思うトコロは有ると思います。

別に変なこと言ってないじゃん

と思う方もいらっしゃるでしょう。

私も今こうしてブログを書き、

ゆっくり考えながら読み返してみると、

「多分こういう事が言いたかったのかな?」

とか、

「こういう背景が有るのかもしれないな。」

とか、

理解に努めようとする事も出来ます。

 

しかしタイムラインに流れてきたものを

パッと読んだ印象としては

正直言ってイラッっとしました。

 

先ず何が言いたいか解らないんですよね。

100円の回転寿司なんか美味しくない

ってことを言いたいなら、

食の文化や歴史なんて大層な言葉を

持ち出す必要はないです。

寿司の文化歴史を主張したかったのであれば、

回転寿司って所詮形態の一つでしかなくて、

他にカウンターで食べるようなお寿司や

スーパーのパック寿司、宅配寿司等もある中で、

そこで消費者が何かを選択する背景に

歴史や文化が大きく関係するのか疑問です。

 

理解に努めようとするのであれば…

寿司というのは本来職人の手によって

全く味が異なるもので、美味しい寿司を握ろうと

するのであれば長い修業が必要なモノなのに、

そこへきて100円回転寿司で流れているような

機械がシャリを握って具材を乗せただけのモノ

食べて「寿司食べたなー」と言っているようでは、

はっきりいって文化的にも程度が低いですよ。

的なトコロなのかなと…

 

あるいは…

100円回転寿司で流れているような代物は

本物の寿司には程遠い。

もっと美味しい本物の寿司を食べて

食文化にも関心を持ってみては如何か?

といった感じかもしれません…

 

でも結局推測。

読み手側の妄想で補うしか無く、

書き手側の真意は解らんのです。

ただ真意が解らん割には

なんかこう随分挑発的な…

 

コレは

「うわ…こいつスゲェ捻くれてるじゃん…」 

って思って頂いて構わないんですが…

何かを強く発信したいと言うよりは

ただのマウンティングですよね…?

と思ってしまいました。

 

「食べる事に関してもうちょっと考えてみては

 いかがですか?」

何故にこんな言い回しなんでしょうか?

Twitter

one to everyone のコミュニケーションツール

だと思います。

上記の内容をeveryoneに対して発するという事は、

「自分は何かを食べる際に

 歴史や文化等も考えて食べている。」

という事の裏返し他なりません。

だって特定の誰かに対するアドバイスじゃないから。

「自分はこうしています。

 だから皆さんもこうした方がいいですよ」

という発言としか受け取れません。

 

イマイチよく知らない人から、

発言の真意も汲み取れないまま、

アドバイスらしきものを受けた。

マウンティングされたように感じませんか?

どうだろう。

捻くれなんだろうか、この考え方は…

 

まあでも良いんですよ!

マウンティングでも!

マウンティングじゃなかったとしても

個人が自分のアカウントで

何を言おうか勝手だし自由です。

それは大原則。

それを勝手に目の敵にして憶測を語っては、

果にマウンティングだのと因縁をつけて、

直接本人に言わずに殆ど誰も見てないブログで

ネチネチと愚痴を言っている私の方が

クソ雑魚陰キャ捻くれ性格ネジ曲がり

ゴミカス貧乏豚野郎です。

 

でも冒頭言いました通り

今回はイライラ爆発なんです。

昨日投稿した艦これの二次創作問題に関する記事で、

本件に関するツイートをリツイートしまくる人

について言及させて頂きました。

考え過ぎかもしれませんが、

拡散することで優越感に浸ってるだけなのでは

と感じてしまう人もいると書いたんですが…。

f:id:regular_ch:20200821171044p:plain

同じ方のツイートです。

 

たしかに事実ですよ。

他人の不幸は蜜の味。

私も事実だと思います。

でも自業自得とはいえ、実際に他人の不幸を

いっぱいRTした上でコレを言ったら

ただの性格悪い人にしかなりません。

優越感に浸ってるだけではと感じてしまいます。 

 

なんだろう?

言わば悪の自己顕示。

なぜやる必要があるのだろうか?

よくある昔のヤンチャ自慢的な。

ソレに近いものを感じる。

だからこそ冒頭のツイートも

マウンティングではと感じてしまう。

 

そこへ昨日の今日で冒頭のツイートを

見てしまったもんだから流石にイライラ。

ましてや私、土曜日に家族で

回転寿司行こうと思ってたトコなんだ。

我が家にとって回転寿司は

非常にありがたい食事処なんですよね。

意外とサイドメニューが豊富だから

子供が食べるものにも困らないし、

我々夫婦もお腹いっぱい食べれるし

しかも安いっていう。

小さいお子さんがいる家庭は

回転寿司助かるなーって思ってる人も

それなりに多いんじゃないかな?

なんかソレすら否定された気分になっちゃって。

イライラ爆発。

もうフォローは外させてもらおうと。

 

しかしこういうイラッとする言い方しか

出来ない人ってたまに居ますよね…

勿論、Twitterの短期的な出来事だけ取り上げて

イラッとする言い方しか出来ないなんて

断ずるのも大変失礼だとは思いますが、

逆に言うとTwitter以外の情報なんて

知る由もないですからね…

例えば先例の寿司のツイート。

もし本当にマウンティング取りたいだけだったなら

「やっぱり寿司はカウンターで板前さんが

 握ったものを食べるに限る。

 勿論少し値段は張るけど、味や満足感を考えたら

 申し訳ないけど100円の回転寿司は

 ちょっと私は食べられないな。」

で良くない? 

 

もう…

徹頭徹尾タダの愚痴で申し訳ない…w

しかも長々と…

なんか吐き出さないと気が済まなくてね…

 

でもね?

でもまだ終わらんのだよ!!

Twitter, Inc.

君たちですよぉ次のターゲットは!!

 

今回取り上げたツイートって

オンタイムで見たわけじゃないんです。

最近のハイライトってありますよね?

そこに表示されてたんです。

前々から思ってたんですが…

この機能要る???

 

冒頭言った通り、件の方とは

たまにコチラからいいねする程度の

絡みしかありませんでした。

にも関わらず結構な頻度で表示されていたんです。

コレ何を基準に表示しているんでしょう??

 

確かによく絡む人ほど表示されやすい様にも

感じるんですが、大して絡み無い人も

まあまあ表示されるんですよね。

の割には一番呟いているハズの競馬関連は

殆どハイライトに表示されません。

いいねやRT、リプぐらいしか

表示対象の選別要素になっていないのでしょうか?

 

まあ表示されるユーザーについては

そんなに文句があるわけじゃありません。

別に普段絡みがない人が表示されたからといって

困るものではないですし。

でも表示される内容については一つ物申したい。

 

ハイライトでかなり頻繁に見る類のツイートがあって。

ソレがどんなものかと言いますと、

昨日の夜に投稿された

「寝まーす!おやすみなさーい!」

とか、同じく昨日の夜に投稿された

「仕事終わったー!!」

とか。

 

いや、どうしろと。

昨晩のおやすみなさいとか、

昨晩の仕事終わりましたツイートを見せて

こちらにどうアクションさせたいのかと。

 

Twitter3億2千近い月間AUがあるそうで、

押しも押されもせぬ世界的一流IT系企業です。

そんな世界のIT業界を

引っ張っていく様な立場にある企業が、

自社のメインサービスたる媒体で、

AIの発展も著しい中、

昨日の「おやすみ!」をハイライトに表示している。

 

いや、もっとこう、有るだろ。

いいねボタンよりハイライトの方が

ワタシ的には5兆倍不要。

Twitter, Inc.には速やかな改善を求めたい。

 

週の終わりに不満爆発。

でも好き勝手発散してスッキリ。

まあココまで読んでくれた方、

もしいらっしゃいましたら、

お付き合い頂き本当にありがとうございます…